生保労連(全国生命保険労働組合連合会)は生命保険会社の営業部門・事務部門に働く労働者25万人(19組合)を組織する労働組合です。

トップページ私たちの活動と考え方 ワーク・ライフ・バランスの実現ワーク・ライフ・バランス中期方針

ワーク・ライフ・バランスの実現

ワーク・ライフ・バランス中期方針

ワーク・ライフ・バランスの実現は、組合員一人ひとりの働きがい・生きがいを高めていく上で重要であるとともに、経営にとっても生産性、創造性を高めるための重要な課題となっています。

《これまでの取組み》

ワーク・ライフ・
バランス推進ポスター

生保労連では、2007年度より「ワーク・ライフ・バランスの実現に向けた取組み」を総合生活改善闘争における大きな柱の1つに位置付けるとともに、2008年1月に開催した中央委員会において、「ワーク・ライフ・バランスの実現に向けた宣言」を採択し、積極的な取組みを展開していくことを組織内外に発信しました。

この宣言に沿って、2008年8月に3年間の取組み方針・目標を定めた「ワーク・ライフ・バランス中期方針<2008-2010年度>」を策定、2011年8月には2期目となる「ワーク・ライフ・バランス中期方針<2011-2013年度>」を策定し、取組みを展開してきました。

この2期6年間の取組みを通じて、個別労使、ひいては生保産業全体において、ワーク・ライフ・バランスの必要性・重要性が浸透・共有化され、関連する制度や施策の導入および実効性確保に向けた取組みも進んできました。

全体としての取組みの前進ははかられているものの、企業・職場・職種ごとに進捗度合が異なる状況や組合員のニーズの高まりも踏まえれば、これまでの歩みを止めることなく、引き続き積極的な取組みを展開していく必要があるとの認識のもと、3期目となる「ワーク・ライフ・バランス中期方針<2014.8-2020.8>」を策定し、一層の取組みを展開していくこととしました。

《これからの取組み》

ワーク・ライフ・
バランス中期方針
〈2014.8-2020.8〉

引き続き「ワーク・ライフ・バランス中期方針<2014.8-2020.8>」に沿い、「めざす姿」の実現に向けて取り組みます。

「めざす姿」の実現に向けては、諸課題に向けた取組みの基本的な考え方を示すものとして「取組みの柱(Ⅰ.総労働時間の短縮に向けて Ⅱ.両立支援制度の拡充・活用促進に向けて Ⅲ.健康増進・職場環境の改善に向けて)」を設定しています。あわせて、全ての取組みの土台の基本的な考え方を示すものとして「取組みの基盤づくり(Ⅰ.ワーク・ライフ・バランス推進体制の強化 Ⅱ.ワーク・ライフ・バランスの重要性に対する理解促進・共有化)」を設定しています。

「取組みの柱」「取組みの基盤づくり」を踏まえた具体的な取組みについては、生保労連として「取組みメニュー」を設定し、各組合は、実態および進捗状況を踏まえて、「取組みメニュー」を参考に取組みを展開します。

 

ワーク・ライフ・バランス中期方針〈2014.8-2020.8〉の全体像