生保労連(全国生命保険労働組合連合会)は生命保険会社の営業部門・事務部門に働く労働者25万人(19組合)を組織する労働組合です。

トップページ私たちの活動と考え方 社会貢献活動の推進地域の安全を見守る運動

社会貢献活動の推進

生保労連は2006年より、主に屋外にいる子どもを対象としたパトロール活動である「子どもの命・安全を守る取組み」を各組合に呼びかけてきました。

昨今、子どもや女性、高齢者に対する虐待・暴力、孤立死など、家庭内における問題が増加しています。

そういった情勢を踏まえて、2012年度より、屋外にいる子どもだけでなく、地域の子どもや女性、高齢者などにも目を向けて、「地域の安全を見守る運動(見守り運動)」の取組みをスタートしました。

 

取組みの内容

「見守り運動」は、日々の生活や仕事の中で、ちょっとした見守りの意識をもつことで、地域の安全確保に貢献していこうというものです。

身近で以下のような異変を感じるようなことがあった際、いつでも適切な機関へ連絡できるよう、日頃から緊急連絡先や対処方法を確認しておくことなどを呼びかけています。

 

例えば・・・

不審者が子どもに声をかけている

子どもや女性が暴力を受けている疑いがある

隣の家で物音がする

郵便受けに新聞がたまっている

近所に住む高齢者を最近見かけない

など

各組合と協力しながら、組織内外への本取組みの周知に努めるとともに、他の社会貢献活動とも連動しながら、地域の安全をめざした取組みを進めていきます。

 

ポスター・カードを積極的にご活用ください!

「見守り運動」の取組みを呼びかけるポスターと、組合員の皆さんが緊急連絡先を控えて常時携帯できるカードを作成しましたのでご活用ください!


※画像をクリックするとダウンロードできます。

各都道府県の警察本部